知っていないと恥をかく 結婚式のマナー

知っていないと恥をかく 結婚式のマナー

結婚式に参列する場合は、最低限必要なマナーがあります。

しっかりと勉強して参列し、恥をかかないようにすることが大切です。

・招待状返信のマナー招待状を受け取ったら、返信期限に関わらず出来るだけ早く返信をしましょう。


結婚式の日程が近づいてくると、新郎新婦は式の準備に追われますし、何よりうっかり返信を忘れてしまうと大変失礼です。

返信葉書表面の宛名の敬称は「様」になおし、裏面の「御名前」「御住所」などの「御」の字は消しておきましょう。残念ながら都合がつかない場合は、お祝いの言葉とお詫びの言葉を添えることを添えることが大切です。

・御祝儀のマナーお祝いの気持ちである御祝儀にもマナーがあります。

大阪の海外挙式後パーティ関連情報を解説します。

包む金額は、友人だと3~5万円、親族だと5~10万円が相場です。必ず、割り切れない奇数の数字にする必要があります。(10万円はキリが良いので問題ありません。)最近では、1万円札1枚と5千円札2枚で2万円にすることも良いとされています。



当日、御祝儀は袱紗に包んで持参します。お渡しする際は、受付の方にお祝いの言葉を添えてお渡しします。

・服装のマナー結婚式はフォーマルな場ですので、服装にも細かなマナーがあります。


花嫁の色である白、また白に見える色は避けましょう。
露出の多い服装やミニ丈の物も好ましくありません。殺生をイメージさせるファーや、つま先が出る(=妻が出る)オープントゥのパンプスもマナー違反です。

お祝いの席で時間を気にするという意味から、腕時計も着用してはいけません。



マナーを守り、気持ちよく新郎新婦をお祝いしましょう。

Copyright (C) 2015 知っていないと恥をかく 結婚式のマナー All Rights Reserved.